小説書いてみた

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 22:55:42.372 ID:10Rt0jT7d.net
 座禅をしたい。
 私は金曜日の午後にそう思い立った。
 別に宗教にハマりたいとか、自分を変えてみたいとかではなかった。
 単に少し静かなところで何も考えないで落ち着いて過ごしてみたい。
 そう考えただけ。

 さっそく私は通勤途中にある禅寺のことを思い出す。

 仕事も終わったので、明日お邪魔していいか聞いてみることにした。

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:52:33.505 ID:MT2euPEcd.net

まあいいや寝るわ
興味あるやつは明日この時間に種明かしするわ

小説をかいてみた(解答)とかそんなスレタイにする

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:30:21.160 ID:BRKNZDpxd.net

>>26ほう

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:09:55.680 ID:j9SXBem50.net

いいと思うぞ
座禅トランス異世界転移だろ
わかるわかる

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:29:46.401 ID:/nrHwEnj0.net

小説のコツを教えてやろう
実はラノベだろうがどんな文体だろうが読者の説得さえできれば語りは成立する

だからこそリアリズム≒写実主義・写生文が鍵になる

こーゆー奴がこう言ってるんだからとりあえず話を聞いてみよう
そう思わせるのが語り手としてのキャラクター小説の基盤なわけだ

52 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/11(水) 00:11:44.453 ID:hXWJdD970.net

>>51
感想サンクス!!!

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:28:00.010 ID:mNeMATJ90.net

もっと書いたぞお

 座禅をしたい。
 この年になってからは欲求などまるでなくなっていたが、なぜか無性に座禅がしたい気分であった。それとも、人は死が迫っていることを実感すれば、何かに縋り付きたくなる生き物なのであろうか。
 私は無神論者だからか、座禅という行為に救いを見出したのかもしれない。そんなことを考えながら、私は座禅をしていた。
「うっぐっ」
 突然の激しい痛みが胸を襲う。内側から刺すような痛みに思わず立ち上がろうとしたが、足が痺れて動けない。そして、本能で悟った。私にもついに死が訪れたのだと。

3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 22:57:37.174 ID:I5FRzh+I0.net

これは文才無さすぎるわ

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:08:22.145 ID:n3GWok3Ld.net

 土曜日になった。
 とても珍しく、妻も娘も起きてこない。
 大抵は休日の朝は私が最後に起きてくるのだが……。
 ふと、昨日の夜中の歓声を思い出す。
 新聞に目を通すと、……昨日のサッカーの死体は早朝5時まで放映されていたようだ。
 今はまだ8時、二人ともサッカーの試合の余韻に浸りながら寝入っているころだろう。

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:20:23.703 ID:6+Z/heIEd.net

 まあ、妻も専業主婦としてのプライドを少なからず持っているのだろう。
 4年に1度のお祭りとはいえ、朝食を夫に作らせるなど良しとしないようだ。
 しばらくして娘も起きてきて、3人で食事を始める。
 二人とも、食べたらまた寝るそうだ。
 
 さて、時間が迫ってきた。
 軽くシャワーを浴びて散歩用のジャージを着て出かけようとすると……娘が何かを持って呼び止めてきた。
 その手には作務衣が握られていた。
 
 せっかく寺で座禅なんかするんだからこれを着ていけとのこと。
 娘はそう言うと、少し顔を赤らめて自分の部屋に行ってしまった。
 妻が耳打ちする。
 それは家庭科の時間に娘が私のために作ったものだったそうだ。
 他の子はハーフパンツやらそういうものを課題に選んだなか、娘は明らかに自分用ではない作務衣にしたと。
 なんだかニンマリしながら禅寺に行くことになりそうだ。

43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:54:37.327 ID:mNeMATJ90.net

俺のクソ小説にも感想くれ

13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:10:01.976 ID:mNeMATJ90.net

もっと書いた

 死すべき存在を選択せよ。
 頭の中に、声なき声が響いた。自分の思考に声がないように、その声には特徴というものが見当たらなかったのである。
 ここまでならば単なる妄想、あるいは夢で終わりそうなものだが、次の瞬間、俺の脳内に三枚の写真のようなものが浮かび上がった。その写真は確かな輪郭を帯びておらず、イメージとでもいうべきだろうか。まあ、この際それは置いておこう。
 それは、三枚の>>1の写真だった。

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:41:01.693 ID:oim28WU+0.net

俺も書いたぞ!!!

禅寺の住職は、俺たちの前で、厳かに口を開いた。
「汝ら、座禅の志があらんや?」
俺は雷に打たれたように立ち上がっていた。
こちらを凝視する住職の威圧感に気後れしつつも、反論を投擲する。
「我は汝、汝は我。故に我咎める即ち汝自虐あらんや?」
俺の見事な反論に、喝采が響く。論破された住職は目を白黒させやがて白目を剥いて卒倒した。

9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:04:29.173 ID:2rsAaJfkd.net

 さて、明日に控えるのは別にワクワクするようなイベントでもない。
 私は食後にビールと枝豆をたしなむと、すぐに床についた。
 夜中妻と娘が騒ぐ声が寝室まで聞こえてきた。
 そういえば今はサッカーのワールドカップ開催中らしい。
 興味がない私はいつの間にかまた深い眠りについていた。

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:57:22.827 ID:MT2euPEcd.net

>>45なんで?
>>47わかった(´・ω・`)

48 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:56:58.144 ID:mNeMATJ90.net

>>44
んん?
確かにおかしいがそれが何なのかわからん

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:42:28.084 ID:MT2euPEcd.net

 約一時間が過ぎて、解散となる。
 先ほど知り合った中年男性は来週もここに来るそうだ。

 さて、プラシーボ効果だろうか? それとも思考を意図的にリセットした結果だろうか?
 
 私は清々しい気分になっていた。
 
 歩いて帰る頃はちょうどお昼だ。
 
 妻の作る今日のお昼ご飯は格別美味しいかもしれない。
 そうだ。
 娘に作務衣の件を改めてお礼を言おう。

 そうして私は、今度は帰りの散歩を楽しむことにした。

 完

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:00:42.834 ID:10Rt0jT7d.net

 電話に出た方の返事は即了解。
 明日の午後十時にお堂に来てくれてのことだった。
 服装は何でもいいが、リラックスした服が好ましいとのことだった。
 
 そうして、家に帰るの妻と娘にさっそくこの事を話した。
 娘曰く、夕食の席で語る話題にしてはつまらないとのこと。
 もう中学生だし、ちょっとした反抗期が訪れているのかもしれない。
 終始、少し呆れた表情をしていた。

21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:21:10.292 ID:/nrHwEnj0.net

>>1
小説で大事なのは必然性
読者が感情移入するに足る条件が揃ってないと「何言ってんだコイツ?」で世界観から即離脱する

座禅??
何も考えずに落ち着きたいのに自分から寺に連絡するの?
なにその積極性?馬鹿なの?死ぬの?
と興冷めること請け合いだな

51 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/11(水) 00:08:23.219 ID:l4CcIBn/0.net

>>4
ちんぽの癖に目が開いてんのか?
おめえーの目線はどこら辺だ?

わかった
カリの境目あたりだろ?
鏡写しの俺って空気読めない着グルミみたいだなって思わなかったか?
これがシュールであってそれ未満は小説たりえない

>>13
三枚の写真と書くんだったら
三葉の写真と書くほうがしっかり太宰の威を借れて余程良い
かもな

>>38
凡そ人間とは思えない容姿だからこそもっと詳しく説得力のある描写が必要だ
終わりの投げやり感はなかなか良いぞ

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:35:16.646 ID:MT2euPEcd.net

 そうして禅寺についた。
 ここは完全無料で禅体験を開催しているそうだが……驚いた。
 思ったより寺の境内に人がいるのだ。
 男性は老人から20代半ばまで、女性にいたってはどう見ても私の娘と同じような年齢の子も見える。
 
 時間が来ると、どこからか和尚が現れて全員お堂に入るように告げた。
 妙に梁が低い場所もあって、皆頭に気をつけていた。

16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:14:45.138 ID:FtELR3+v0.net

混乱するわ

17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:16:19.887 ID:GQHiWnIt0.net

俺も書いた

 青い海に青い空。
 白い雲と白い砂浜。
「アハハ、待てぇー」
「ウフフフ」
「ハハハ……」
 絵に描いたようなバカップル。
 無限のように広がる渚に、二人分の足跡を残しては波に消える。
 これはそんなリゾートアイランドでの、一夏の思い出の話──ではない。
「おい、早速無駄な体力を使ってるあの馬鹿二人を止めなくてもいいのか。俺は彼らの言葉がわからないから遠慮するが」
「私もわからないわ。疲れたら勝手に止まるでしょう。それよりも私たちはこの島の脱出方法を考えないと」
「それなぁ……向こう側ばっかり海鳥飛んでるし、見えないけど本島近いのかもな。案外泳げば行けないか?俺は泳げないが」
「私も泳げないわ」
 単に無人島脱出を試みるサバイバルストーリー……でも、ない。
「それにしても、奇跡だな。船が一隻沈んで、四人も無傷で無人島に打ち上げられてんだから」
「やっぱり沈んだのかしら」
「転覆してたし、沈んだろうよ」
「ちょっと待って……転覆?あの船が?ありえないわ」
「実際、しただろ?少なくとも俺は海に投げ出されたとき、溺れて気ぃ失う前にこの目で見た」
 現代ホラーでもなく。
「言い間違いって気になるのよ。転覆じゃなくて、墜落でしょ」
「ツッコミ待ちか?船がどうやって墜落するんだ」
「はい?」
 どうやら幻想物語。
「……飛行船の話よね?」
「はい?」
「無傷なのは、魔法で凌いだからよね?」
 それも異世界の出来事のようである。

42 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:53:34.922 ID:MT2euPEcd.net

>>41俺アキラじゃないぞ
パプリカ

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:52:56.751 ID:/nrHwEnj0.net

改造アキラは文才無いんだから
もうすこしマトモな小説を読め

23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:26:18.516 ID:6+Z/heIEd.net

 まだ少し時間がある。
 いつもは車で通勤する道を徒歩で進むことに。
 娘の作った作務衣は思いのほか頑丈かつ精密に縫われていた。
 これが中学生の手作りだと思う者はいないだろうと思う。
 晴れていて少し涼しい気候の中、商店街を抜けて国道沿いの歩道を歩く。
 ふと、前を見ると。
 私と同じような恰好をしている中年男性社員が歩いていた。
 私と違う点と言えば、彼は頭に薄手のタオルを巻いていた。

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:20:41.891 ID:GQHiWnIt0.net

>>11
死体蹴りやめろ

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:29:21.080 ID:BRKNZDpxd.net

 まあ気にも止めず歩いていると、目の前を歩く中年はある古びた看板の前で立ち止まる。
 そして、悩み始めた。
 これはもしやと思い、声をかける。
 予感的中だった。
 彼も今日は初めて禅寺に座禅を組に行くそうだ。
 ここで会ったのも何かの縁、私は中年と共に禅寺に向かって細道に入り込んだ。

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:33:51.589 ID:mNeMATJ90.net

もっと書いたぞおお

「ちんぽ」

 言い終わるよりも早く、俺の体はちんぽへと変容した。

「うんこ」

 瞬きの後、俺はうんこになっていた。

「おっぱい」

 おっぱいにはなれなかった。見たことがないものにはなれない。

10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:05:02.403 ID:2rsAaJfkd.net

>>8

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:12:20.727 ID:vBmD7qWyd.net

 仕方ないから久しぶりに自分で朝食を作る。
 とはいっても、人数分トーストを作ってトマト缶を開けるだけ。
 まあ、コーヒーを沸かしてゆで卵を煮るくらいのことも作業に加える。
 コーヒーの香りを感知したのか、妻が慌てて起きてきた。
 そして私に軽く謝りながら新玉ねぎとキャベツを刻み始める。
 トーストに乗せる素材は少し豪華になりそうだ。

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:01:52.996 ID:10Rt0jT7d.net

>>2ぐぬぬ手厳しい
>>3ぐぬぬ手厳しい
>>4どんどん書いてけ
>>6

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:37:33.561 ID:/nrHwEnj0.net

つまりだ
とあるリア友にちょっと読み聞かせたくらいで噴飯されるような代物は
少なくとも語りのレベルで世界観が脆弱っつーわけだ

挿し絵が大事というのは
こんな可愛い女の子の話だったら俺聞きたい!
って思わせるためだ

でもそれは語り≒文体の力量があれば全く不要ってわけだ
これの凝り固まったのがある種の純文学

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:43:13.564 ID:MT2euPEcd.net

くうう

かききったぜ

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:55:59.564 ID:MT2euPEcd.net

ヒント>>19

50 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:59:57.087 ID:FpJcRBZk0.net

小説書くVIPPER多いのだろうか

47 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:56:47.409 ID:j9SXBem50.net

パッピーはそんな量産してどうするつもりなんだよ
5chじゃなくてなろうの執筆に戻り給えよ

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:37:59.405 ID:MT2euPEcd.net

 そうして古びた木の香りのする中、見知らぬ人たちと禅を組んでしばらくの間すごした。
 ここの寺は後ろから謎の道具で背中を叩いたりはしないようだ。
 お経も聞こえこない。
 私ただただ、目を閉じて背筋を伸ばす。
 そして静寂に溶けこむのであった。

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:51:12.784 ID:MT2euPEcd.net

これ意味がわかると怖い話なんだよ

途中であり得ないことが起きてる

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:21:42.446 ID:6+Z/heIEd.net

>>21ぐむーむ

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:00:53.804 ID:+O++DsyF0.net

なんで文頭にスペース入れるの?

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:38:08.656 ID:mNeMATJ90.net

「三十歳にして童貞だけど質問ある?」
 スレが立った。
「魔法使い乙」
「とうとうお前もこちら側の住人か・・・」
「どんな不細工だよ」
 俺は泣いた。

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:48:14.980 ID:MT2euPEcd.net

さて、種明かし必要か?

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:50:20.272 ID:mNeMATJ90.net

「寿命が倍になる?」
 つい先程聞いた言葉を、そっくりそのまま口に出す。
 眼前の、背中から黒い翼の生えた二本角の男は薄っすらと微笑んだ。凡そ人間とは思えない容姿だ。
「ええ、勿論ただというわけではありませんがね。対価として、あなたの髪の毛を頂きます」
 俺は愕然とする他なかった。ハゲるか、寿命が倍になるか。究極の選択である。
 悩みに悩み抜いて、ついに決断を下した。
「倍でお願いします」
 二十歳という若さでハゲるのは中々きついものがあるが、どうせそのうちハゲるのだから。
 俺の決断に、男は満面の笑みを浮かべる。いや、この笑みは、どちらかといえば邪悪な笑みであるような……。
「ええ、それではあなたの寿命をバイの年にします」
 俺は、寿命がバイの年になってハゲた。男はどっかいった。
 バイはギリシャ語で2であることを思い出した。

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:19:27.542 ID:mNeMATJ90.net

もっと書いたぞ

 吾輩はちんぽである、セックスはまだしてない。
 二次元美少女とセックスしたいという激しい欲求が、三次元女とセックスすることを躊躇させるのだ。欲求とはままならないものである。

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:49:27.877 ID:MT2euPEcd.net

まあ、気づけないだろうなあ?

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 22:59:26.561 ID:mNeMATJ90.net

俺も書いた

 ある日目が覚めると、ちんぽになっていた。顔を洗うべくして洗面所に向かったのだが、鏡に写し出されたのはいつもの不細工な面ではなく、ちんぽであったのだ。
 ああ、この包茎ちんぽは、俺のちんぽに違いない。何気ない日常は唐突に崩壊してしまった。

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 22:59:26.561 ID:mNeMATJ90.net

俺も書いた

 ある日目が覚めると、ちんぽになっていた。顔を洗うべくして洗面所に向かったのだが、鏡に写し出されたのはいつもの不細工な面ではなく、ちんぽであったのだ。
 ああ、この包茎ちんぽは、俺のちんぽに違いない。何気ない日常は唐突に崩壊してしまった。

53 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/11(水) 00:34:22.176 ID:l4CcIBn/0.net

>>49
時間が来ると、どこからか和尚が現れて??
一番奥の襖から金色の袈裟をかけて〜
とかのほうが画が浮かぶんじゃね?ってかんじ

描写的ナンセンスさが仕掛けた謎(?)をどーでもよくしちゃってる

とか言って

8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:03:28.825 ID:re79MNkm0.net

ジャンプの現在の連載陣で

ヒロアカ、ハイキュー、鬼滅、ネバラン、ストーン、呪術、ノーツ、侵略、田中

この中で好みで順位付けるならどうなる?

46 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/10(火) 23:56:10.890 ID:FpJcRBZk0.net

もう最近小説がスレタイに入ったスレ見ると全部改造アキラに見える

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
\当サイトイチオシ!/
ページTOPへ↑