【国民的英雄】冷静に見よう…対談 山本五十六、ロンメル評価の変遷

1 :みつを ★:2019/12/02(月) 19:50:06.22 ID:+EEl9cLQ9.net
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20191201-OYT8T50074/

国民的英雄 冷静に見よう…対談 山本五十六、ロンメル評価の変遷
2019/12/02 05:00
[読者会員限定]

読者会員限定です

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

105 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 21:49:17.68 ID:bjRj1UzT0.net

条約派というだけでダメだなこいつ政治を理解していない
必敗の対米6割だと外交交渉すらまともに出来なくなるのに

699 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 07:12:54 ID:kNmsgXZi0.net

>>668
アメリカがひっしにドイツ車を輸入したから

西側の最前線をまもるのにひっしだった

597 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 03:30:45.11 ID:lt4x0ZON0.net

日本が誇る指揮官と言えば東郷平八郎だと思う。

16 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 20:00:12 ID:u+4FO/ih0.net

>>1
ふざけたスレだなw

さっぱり内容がわからんwww

233 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:36:22.88 ID:m5MYLqyr0.net

>>213
ロンメルは師団長レベルがあってるだろな
軍全体の中での自分の役割を理解してないから
アフリカ軍団はイタリア防衛が主任務だからエジプトに攻め込むのはやり過ぎ
状況が許すならいいけど当時は独ソ戦の真っ只中だからね
リソースをアフリカに使う余裕はなかった
にも関わらずヒトラーお気に入りでそこそこの物資がアフリカに送られた
独ソ戦の決着が付くまで少ない軍備で防御主体で行くべきだった

637 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 03:58:38 ID:6shEIOwN0.net

>>628
伊勢に21号電探載せて実験したのがミッドウェー作戦の前月だしね
ただでさえオシロスコープ式で扱いに熟練が必要な日本式電探が
わずか1ヶ月足らずで実戦で使い物になると思うのは、ちょっと甘かろうね
そもそもレーダーで敵機を探知しても、直掩戦闘機隊にそれを伝える手段が無いし
敵機の飛来方向に対空砲撃って注意喚起するくらいが関の山
機上無線がダメダメなのがホント痛い

375 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 00:52:28 ID:YTLU6W1X0.net

ロンメルが補給に気を使っていたのはガソリンかな。あちこちに集積所をつくっておいて、
いざというときに使えるようにしておいたんだっけ。

496 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 01:46:05.03 ID:5bcr4Nz10.net

>>494
そりゃ無能だw

80 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 21:16:24.05 ID:UxVexAzK0.net

山本五十六ほど故郷の人が誇りに思っている軍人はいないと思う。
今でも山本五十六の好物だった「水まんじゅう」は長岡の名物だから。

203 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:20:35.34 ID:Rar7NRG70.net

>>53
真珠湾攻撃後
もしドイツがアメリカに宣戦布告していなかったら
日本はどうなっていたか恐ろしい
でも原爆投下までには降伏していたからマシだったのかww

149 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 22:29:22.14 ID:1mw3441o0.net

>>137
逆だろ、インド洋へ行ったから休養が必要になった
分かってんならレスしなくていいんだぜ?w

インド洋の作戦は、海域をがら空きにするのが目的だった訳で
難易度が高すぎたと言わざるを得ない
戦域がどうしようもなく広すぎる

246 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:41:38.21 ID:p8TEbSqf0.net

>>225
そりゃベトナムなんて知らん土地の戦争じゃそうなるだろう
本土が攻撃されたのとでは大違いよ

253 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:43:10.81 ID:wEbcRdZe0.net

あと潜水艦使って通商破壊って結局日本やイギリスみたいな資源や食料を海外に依存してる国だから効果があるわけで
アメリカは世界最大規模の農業生産力と工業生産力を持ってる国

しかも航路の終点がイギリスってのがはっきりしてる大西洋に対して、あまりにも広すぎる太平洋で
同じような効果があるのかと言うと

477 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 01:36:58.04 ID:oe1SweNX0.net

>>66
勝ってるうちに降りさせてはもらえなかっただろうな。アメリカは勝つまでやるから結局は負ける。負け方は多少変わるかもしれないが。

204 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:21:09.82 ID:QccRuFgv0.net

アメリカがそう簡単に講和するわけない
山本の馬鹿がアメリカ人は軟弱なのでちょっと攻撃すればすぐ講和する等と
言いふらすから対米開戦の運びになった
太平洋戦争の戦犯筆頭だろ

81 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 21:16:54.30 ID:XN3OT1IL0.net

>>45

陸海軍共に日露戦争の決戦嗜好な成功体験に固執したドクトリンから逸脱出来なかった点が全てだろ?
国家戦略上支那事変のゴールを明確に設定しなかったのも大きいかね?
日独防共協定から一転し日ソ不可侵条約結んで、バルバロッサに乗して破棄するのしないの…昭和天皇が松岡白鳥他外務省ドイツシンパに不快感持たれたのは無理もない。

反共に徹するなら徹底しないと国体護持もままならんのだが、独ソのポーランド侵攻に加担する形を選択した時点で外交上のドツボに嵌ったとは言えないかね?
満州利権を英米から保護する戦略方針自体は妥当だが、ドイツに釣られた対応じゃ具体化はキツい。
戦略眼だけなら蒋介石の方が上を行っていた現実も直視しないと、先の敗戦の反省にはならんのよな。
悪辣と蔑ずまれようが国家生存に徹するか、糞の役にも立たぬイデヲロギーに殉するかは現代日本人にも問われ続ける哲学的命題かもなあ。

827 :名無しさん@1周年:2019/12/04(水) 02:19:55 ID:exnu9CAw0.net

>>749
行くとしたらアリューシャンから上陸してアラスカカナダ沿い

262 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:48:21.49 ID:bNa/Ow1i0.net

与えられた材料で求められた最良を出したか
って程度なら出したんじゃね

221 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:32:26.63 ID:mVUjg4qp0.net

このスレ、酷評会で面白すぎw

538 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 02:37:43 ID:MnXaIMGo0.net

>>523
中曽根て東大法学部での元官僚だったのだな
海軍主計将校(要はそろばん屋なw)だったことは知っていたが
党人派だと思っていたがルーツは福田と同じ官僚派だったのだなw

244 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:40:57 ID:m5MYLqyr0.net

>>238
東南アジア取られてオーストラリアがやばくなったら結局アメリカもわらわら出てきたやん
決戦場所は中部太平洋になるかも知らんけど日本の大勝利の可能性は高い

829 :名無しさん@1周年:2019/12/04(水) 09:11:44.97 ID:lKnf/S+q0.net

>>828
ロンメルは連合軍の上陸地点を正しく予測してたってレスもあったけど
最もクリティカルなときに呑気に休暇とってたわけで水際撃滅もクソもない

774 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 14:39:05.52 ID:OS1d/FMQ0.net

マンシュタインがちっとも評価されない

141 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 22:23:11.37 ID:1f9ooWO00.net

五十六か
今の保守には不人気ぽい?
部下思いの人格者だから大人気だったんかな
でもそんなんどうでもええというか
クズ中のクズでもいいから戦に勝てる大将が名将やわ

526 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 02:25:03.62 ID:oe1SweNX0.net

>>522
そもそもなんでアフリカだったんだろ。先にイギリスを落とす事を優先しないと。もっともイギリスは島国だからロンメルには何もできないけど。

316 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 00:27:04 ID:5bcr4Nz10.net

参謀本部と軍令部

頭脳明晰の天才戦略家たちが負け戦始めてどうする
結局一番バカだつた部類

見通しのつかないいくさ始めるかどうかで、天皇に「今なら勝てる(かもしれない)、あとならますます不利になる」
こんな無責任こといって、ふざけんなといいたい
「絶対に勝てません、ここは隠忍自重、臥薪嘗胆でこざいます」これしかなかった
御前会議で最後まで徹底反対すれば、開戦は回避できた

開戦責任はある意味海軍のデタラメ不信義にある

軍令部総長、連合艦隊司令長官、海軍大臣は「もし開戦とあらば、今ここで腹を斬る!」
これが出来なくて何の責任を問うことが出来ようか

754 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 13:21:26.40 ID:nyn5Dzth0.net

>>391
最近は勝頼辺りは再評価されてる印象あるが

721 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 09:40:39 ID:Po0QN0Vo0.net

>>646
だね。補給可能な港は限られてるのに、どんどん進軍し過ぎて補給が頓挫した
どんどん進軍し過ぎられた、ってのがロンメルの異才なんだが
まあそもそも「そういう才能と性格の軍人」とは分かってたはずなので、人事の失敗としか言いようが無い

529 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 02:27:29 ID:oe1SweNX0.net

アメリカは不戦をうたいながら日本やドイツの相手国に影から支援して全然不戦じゃなかった。だから日本はやられる前にやったんだろうな。

130 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 22:18:11 ID:X2kobY+p0.net

ミッドウェーは暗号を解読されていたからハナから負けてる
しかし索敵で先に見つけてたら勝てたんだからな 暗号の不利を逆転できた
運も悪かったとしか言えない

677 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 05:30:07 ID:7GS9n7db0.net

優秀な軍人がいたからこそ
よけいに徹底的に焼け野原にされちゃったというのもあるんだろう?

541 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 02:39:13.45 ID:lqqNhh0i0.net

 

山本五十六だけで決めたわけじゃねえよw

「軍令部」も聞いたことがねえのかw

 

841 :名無しさん@1周年:2019/12/04(水) 19:10:41.17 ID:Q+/n6xZI0.net

>>840
そもそもソ連は日本の味方する気なんかさらさらない
アメは厭戦気分蔓延してて、日本をぶちのめしたかったのはルーズベルトだけなので、共和党に交替するまで耐えるべきだった
教科書の記述とは違って、実はニューディールってのは失敗なのでそんなに未来の話ではないはずだった

蒋介石は「私のメンツさえ立ててくれるなら、悪いようにはしないよ」とメッセージを送っていたんだが、気づかないあたりもう救いようがないな

692 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 06:50:33.61 ID:nSUu8OsG0.net

>>676
そう
そしてそれこそ米英が望んだことだった

397 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 00:58:13 ID:5bcr4Nz10.net

>>393
はいはい無能でいいよ

321 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 00:31:25.50 ID:YTLU6W1X0.net

>>233
> エジプトに攻め込むのはやり過ぎ

いやドイツがエジプトを奪取しないと、当時イギリスの軍需生産基地となっていたインドを起点に
エジプトを経て、バルバロッサ作戦の脇腹を突いて脅かしてやろうというイギリスの意図に対抗できない。

355 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 00:46:19 ID:QfJZAUfb0.net

ロンメルも山本五十六も、戦術的には有能な司令官だけど、
戦略的には疑問が残るよね。

435 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 01:12:48 ID:5bcr4Nz10.net

>>431
それでも直接海外バラマキよりましなんだわ

百姓いなくなったらどうなる?わざわざ海外から買うんだぜ?
戻ってこない金払うんだぜ?

449 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 01:19:30.19 ID:vOcPnssS0.net

>>1
きちがい精神論があったからなあ
神風や特攻がおこなわれたならず者国家だったから
山本とかもクソだけど当時の日本国民もクソが多かった

3 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 19:50:57 ID:N2IsaZR20.net

そんなスレたてんなよ

513 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 02:10:23.49 ID:ckIN8TSQ0.net

近頃、大本営の「副案」の通りにやれば勝てたとかいう世迷い事が流布されていますけど、

ドイツが不可侵条約を破棄してソ連と殲滅戦争を初めたからと言って、

南進を決めていた日本としては、それを理由に対ソ連開戦するつもりにはなりませんでした。

対米戦争を控えて対英蘭作戦を主体に戦っても、陸軍が援蒋介石ルートを遮断できたでしょうか?

また、あえて西インド洋方面の通商路を攻撃して、対ソ連物資輸送を妨害したら、

ソ連と戦い羽目に陥ります。

97 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 21:39:13.92 ID:AFKW3EvP0.net

>>96
ミッドウェーではまだ負けていない
18年は空母の戦いは無かった
お互い様子見
19年のマリアナで決まった

26 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 20:07:23.51 ID:K5DDysmZ0.net

>>10
マレー沖開戦でプリンス・オブ・ウェールズとレパルスを撃沈!チャーチルを嘆かせた!

198 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 23:18:11 ID:LSEnaq/e0.net

>>193
あんたの言う通りだ
後から気が付いて、南雲中将がサイパンで自決したのもそんなことだ

40 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 20:22:36.52 ID:37E9KmZC0.net

ロンメル
1/35 ヤクトパンターの事かな

325 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 00:32:18.96 ID:5bcr4Nz10.net

エルウィン・ロンメルが名将であることに変わりはない

それでも国家戦略が誤ってれば勝てぬものは勝てぬということだ

42 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 20:23:49.71 ID:if9W6IUN0.net

フリッツ・エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・ゲナント・フォン・マンシュタイン元帥はもっと評価されるべきだ。

36 :高篠念仏衆さん:2019/12/02(月) 20:19:18.97 ID:0GLF2TrI0.net

で、誰が死んだの?

728 :名無しさん@1周年:2019/12/03(火) 09:55:02.90 ID:OEgC6Reg0.net



 五

80%以上の確率で、親日派でなければ祖国の英雄になれた男だったのかもしれない

13 :名無しさん@1周年:2019/12/02(月) 19:57:43.88 ID:s630+/0f0.net

>>10
開戦の奇襲が失敗すると戦争に勝利するのジンクス

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
\当サイトイチオシ!/
ページTOPへ↑